Providence ディストーションペダル "HEAT BLASTER HBL-3" レビュー - Rock工房in豊橋

Rock工房in豊橋 ホーム » スポンサー広告 » ギターエフェクター » Providence ディストーションペダル "HEAT BLASTER HBL-3" レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Providence ディストーションペダル "HEAT BLASTER HBL-3" レビュー

 
DSC_0601.jpg
 こんばんは!今日紹介するのはProvidenceのディストーションペダル、
HEATBLASTER (HBL-3)です(´∀`)

 スイッチャーのPEC-2や、ケーブル類等で特に有名なProvidenceですが、
エフェクターにおいても高い人気と信頼を誇る製品を生み出しております!
今回のHBL-3はモダンなディストーションペダルということで、
豊かな倍音と立ち上がりの速さを売りにしているようです。実際に試してみました!

このペダルは、LEVEL、TONE、DRIVEのツマミとBASS BOSSTスイッチで構成されております。
DRIVEの可変は、オーバードライブ~ディストーションといった具合でしょうか、DRIVEを上げすぎても潰れずに、心地よいディストーションサウンドが得られます。歪みは抜けがよく、中低域がしっかりでた上でスッキリとまとまっているという印象をうけました。単音でもしっかりとした音圧があり、ピッキングニュアンスもかなり出すことができ、立ち上がりが良いのでストレスを感じずに気持ちよく弾けます( 'ω' )
 TONEもちょうどバランスがとれており、こもり過ぎることも、キンキンになることもないです。BASS BOOSTは、もこっとすることなく、中低域に自然な厚みが加わるような感じでBOOSTされます。
 
 まさにモダンな歪みといった印象を受けました。バンドサウンドに埋もれることのない、輪郭のあるディストーションサウンドを表現できる、非常に扱いやすいペダルです。
 出力ジャックはD.G.Cサーキットという、接点の面積を増やし接触不良を起こしにくくする仕様になっており、スイッチはシングル・コンタクト・トゥルーバイパスという、バイパス時にスイッチ回路を一回路しか通らない回路を採用しており、より高いサウンドクオリティーを得ることができるとのことです。
 LEDはエフェクトのON/OFFだけでなく、バッテリーの電圧の監視機能ももっており、7V以下でLEDが消灯しはじめる便利な機能を持ち合わせています。

 気になる方はぜひ、店頭にてお試しください!٩( 'ω' )و

※あくまで個人的な感想ですので、参考程度にしていただけると幸いです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。