FC2ブログ

One Control ディストーションペダル "Anodized Brown Distortion"レビュー - Rock工房in豊橋

Rock工房in豊橋 ホーム » スポンサー広告 » ギターエフェクター » One Control ディストーションペダル "Anodized Brown Distortion"レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

One Control ディストーションペダル "Anodized Brown Distortion"レビュー

DSC_0522.jpg

 今日紹介するのはOne Control のディストーションペダル 
Anodized Brown Distortionです!( ´ー`)




 Mad Professor製品の設計で有名なBJFによる完全新設計のディストーションペダルです!

 実際に使ってみて、非常に優等生なペダルだという印象をうけました。まず、ツマミのセッティングをどのようにしても、音が崩壊せず、TONEを絞りきっても音がこもることがなく、おいしい部分が常に存在しており、かなり広く高いゲイン幅があり、尚且つ分離感がいいという点が非常に優れていると感じました。
プレイヤー側のピッキングニュアンスもうまく表現しつつ、自然なコンプとサスティーンが加わるので、使い心地がとてもいいです!( ´ー`)
これだけの性能をこんなにも小さな筐体に詰め込んでいるのは非常に驚きです。しかもコストパフォーマンスも凄いです。電池もしっかり入りますし、6~18Vで駆動するので、こだわる方は好みの電圧でエフェクターを駆動させることができます( ・ω・)

DSC_sf.jpg

 長さはほぼPROCELL2つ分です!

 最近はどんどん小型化したペダルが増えてきていますね!場所をとらないのでボードに組み込むのも、持ち運ぶのにも便利ですよね!♪( ´ー`)
でも僕はBIG MAFFのように中身がスカスカだけど無骨で巨大な筐体もイカしてると思います!

気になる方は、ぜひ店頭にてお試しください(^o^♪

※あくまで個人的な意見ですので、参考程度にしていただけると幸いです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。